在宅ワークと税金について

在宅ワークの人気が高まり、実際に在宅ワークを行っている人が増えています。在宅ワークと一言でいっても色んな業種があり、作業系の仕事からネットを使った仕事など、様々あります。特に今はネットが普及したこともあり、ネットをつかった在宅ワークが多くなりました。主婦でさえできる在宅ワークも増え、アフィリエイトのようなものもあります。そんな在宅ワークをする人が増えるに従って、困難になっているのが税金問題です。在宅ワークでも一定の収入があれば税金の申告をしなければなりません。つまり確定申告です。主婦のように定職を持たない人の場合は年間の所得が38万円以上、サラリーマンやアルバイトのように定職を持っている人であれば、年間の所得が20万円以上あれば確定申告の必要があります。この事を知らずに在宅ワークをしている人が結構多いというのです。さらにこの確定申告については知っていても、住民税の申告について知らない人がいます。国に申告する確定申告は上記に書いた金額以上で申告が必要ですが、住民税の場合は年間の所得が33万円以上あれば役所に申告する必要があります。住民税とは地方税のこと、つまり県税や市民税の事です。確定申告で申告するだけでは、住民税は申告したという事にならないのです。これには本当に驚きました。同じ税金と言うくくりであっても、それぞれに申告する必要があるというのです。こういった住民税を知らないで確定申告だけ意識して稼いでいると、結局年間の所得が33万円を超えて住民税の脱税ともなります。運が悪ければ数年後に役所から脱税した分の税金の支払い請求がきます。もちろんその時は滞納分がプラスされて追加課税されます。もちろん税金の申告を知らなかった、というだけでは許されるわけもありません。在宅ワークをするからには自分の仕事の情報だけでなく、税金に関する情報収集も必ず必要です。後々自分が困らないためにも、税金に関する対処は事前に行っておくべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ