自宅で稼ぐ在宅ワークを始めて2年が経ちました

私が在宅ワークを始めるきっかけになったのは、妊娠してそれまで勤めていた会社を辞めることになったことでした。もともと派遣社員として働いていたので、妊娠や出産に関する手当が出るわけでもなく、育休をとれるわけでもありませんでしたし思い切って辞めることにしたんです。その頃、夫の仕事も忙しく、帰りが深夜になることもあったため、外で仕事をしながら家の事をひとりで回すのにも限界を感じていたことも理由のひとつでした。

しかし妊娠したといっても、出産まではまだまだ時間がありました。幸いつわりも軽い方だったので、いつも通りとは言わずとも、それなりの作業なら行うことができたんです。それに、子どもが生まれるというのに我が家にはあまり貯蓄がなく、それも不安でした。そこで私が在宅ワークを始めて自宅で稼ぐことにしたんです。
といっても、前の会社はサービス業で、特別な資格やスキルを持っているわけではありません。仕方がないので、webライターの仕事から始めることにしました。今はクラウドソーシングのサイトで私のような素人でも在宅ワークのお仕事がもらえるのが素敵ですよね。最初はひとつの記事をつくるのに時間もかかりましたが、段々と慣れていき、最終的には一日に5,000円程度を自宅で稼ぐことを目標に記事を書いていました。

結局、出産直後まで少しずつ仕事をしていましたが、生まれてからしばらくはさすがに何もできず、少し落ち着いてきた最近になって、また前と同じクラウドソーシングのサイトにお世話になっています。在宅ワークの良いところは、小さな子どもがいても目を離さずに済むことですね。その分あまり集中できないので、大きな金額を自宅で稼ぐことは難しいですし、長期に渡るようなお仕事は依頼されても引き受けられませんが、子どもの顔を見つつ仕事ができるのは本当にうれしいです。

もう少し子どもが大きくなれば、この仕事は辞めてもう一度外で働くつもりではありますが、この一番可愛い時期にずっと我が子と一緒にいれたという記憶は大事にしていきたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ