在宅ワークをバイト感覚か半不労所得かで狙いが変わる

在宅ワークをバイト感覚でその1回1回で利益を出して終わる仕事として続けていくのか、半不労所得のような感じで、一度の作業が継続して数ヶ月ないし数年の利益を出せるような仕事を狙うのかで立ち回り方って大きく変わります。

たとえば、バイト感覚の仕事がしたいなら、ランサーズとかCrowdworksにタスクの案件がゴロゴロ転がっているから、それを在宅ワークとしてこなしていけばいいんじゃないでしょうか。最近のCrowdworksは赤字で少し心配になるけど、案件は普通にあるから、抑えておくのはいいと思いますよ。

半不労所得を狙うんなら、独自ドメインを取得してWordPressなんかでブログ運営するのがいいでしょうね。記事が検索に引っかかる状態が続けば続くほど、その記事があなたに収入をもたらせてくれることになるんですが、これってつまり半不労所得になりますよね?もちろん、ずっと検索エンジンに残り続けることって現実的じゃないので不労所得にはなりえないですが、ある程度の期間だけ稼いでくれるってまさに不動産を扱っているようなものですからね。サイバー不動産みたいな感じです。

バイト感覚の在宅ワークは簡単に収入に繋がるので、目先のお金が欲しい場合や確実性を求める場合に向いてるといえるでしょう。反面、半不労所得の在宅ワークは簡単ではなく、いつ収入に繋がるかどうかも分からないというデメリットも存在しているわけです。その代わりに長い間の収益を叩きだしてくれるメリットも存在しているわけで、どちらを重視するかで立ち回り方ってかなり変わってくる印象ですね。

私の体験談としては、どちらかに固執しないでどちらもやるといいんじゃないかなって思っています。良さそうな簡単でそこそこ稼げる案件が出ているならランサーズとかで執筆活動に専念し、無かったらブログ運営で記事を書いていくという流れですね。ブログ運営が軌道に乗っちゃえばタスクワークの仕事は卒業するという形でもいいですが、暇つぶしに続けてもいいと思います。どちらにしてもお金はたまりますからね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ