内職在宅ワークの定番!データ入力を素早く行う方法

家を離れられない主婦の方や、土日しか時間がとれないサラリーマンの方に人気の内職在宅ワークでできる副業に、データ入力があります。資料などをもとにexcelなど指定の形式で入力していくものが多いですが、特徴として報酬は大抵出来高制になっています。つまりこれは、3割増しで作業できれば時間あたりの収入も3割増しになりますが、作業スピードが落ちればその分収入も落ちてしまうことになります。そこでこういった在宅ワークのスピードを上げるための方法を紹介しますので参考にしてください。

一つ目は、作業の環境を整えることです。特に使用しているキーボードは、入力速度に大きく影響を与えます。数字が多い入力ならテンキーは必須ですよね。キーボードも、ノートパソコンのものが打ちにくいのであれば、USB接続の外付けキーボードを使えば快適に入力できるかもしれません。ポイントとしては、キーピッチ(キーとキーの間隔)が十分にあることと、できれば「静電容量無接点方式」などの高性能モデルがお勧めです。好みもあるので、家電量販店で確認してみましょう。次に在宅ワークで用いるディスプレイも見直しましょう。デュアルディスプレイは、特にブラウザなど、何かの画面を参照しながらexcelに入力していく時、大きな効果を発揮します。

次に、ソフトウェアによる改善です。IMEとしてATOKを使えば、標準のMS-IMEより効率的な漢字変換が出来て効率が上がるほか、携帯電話のような補完機能があるためスピードが確保できます。また、頻繁に入力する語句などがあれば、それを辞書登録するか、テキストファイルなどに保存してそこから写せるようにしましょう。また、音声認識ソフトで入力したものを手直しするという方法もあります。

最後に、自身の環境も整えましょう。意外な盲点として、爪を切るとタイピングが早くなるような気がします。また、excelなどのショートカットを覚えていない方は、画面の横に付箋を貼るなどして覚えてしまいましょう。データ入力のような内職在宅ワークでは、自身の都合に合わせて環境を整えていけることも利点です。上手に利用して、プラスアルファの収入を得ましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ