在宅ワークは時給でお金を貰う事が少ない

1時間でいくらという仕組みが時給制度な訳ですけど、これは在宅ワークでは適用されていない事が多いです。何故なら本当にその時間帯に仕事をしているかの確認が取れないからです。テレビを見ているかもしれないし、読書している可能性もあります。その様な事を考慮すると、どうしても時給で人を働かせるというのが難しくなるのです。結果として、成果報酬型の仕事が多くなります。一つのお仕事を完成させれば、これだけお金を出しますよという内容です。私的な意見ですが、この働き方を全国的に広めるべきではと思っています。どれだけ急いで頑張っても時給で評価されるというのはフェアではない気がするからです。

とは言え、在宅ワークの種類によって仕事内容には大きな違いがあるので、全てにそれを適用すると不自然になる可能性が高いです。この辺りは調整する様にすれば大丈夫でしょう。将来的には遠く離れた家の中で仕事をしていても、その様子を見られるという仕組みが完成する可能性もあります。そうなれば時給で人を雇うというのが、もっと一般的になるかもしれませんね。

ところで、今流行っているのがオークションの代行なんだそうです。これは自分でやると意外と手間がかかったりするんですよね。そこで、それを他の人達に手伝ってもらおうという事なのです。どこまで人任せにするかは依頼者のやり方次第となります。この時商品を送るなんて事はしません。そんな事をしたら送料だけでとんでもない負担になりますからね。それらの写真撮影などは行っておく様にしてデータを送信して、それ以降の商品の登録などを全てお任せするという感じです。

先程、時給制の在宅ワークはとても少ないと言いましたけど、これに関しては例外的にそうなっている事が多い仕事です。どうしてなのかというワケは分かりません。業界というのは不思議なもので、この仕事はこういう報酬の支払い方をするという伝統みたいな物がある様です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ