在宅ワークはクリエイト系で決まりだ

在宅ワークと一言に行ってもたくさんの種類が存在します。
今回はそんな中でもクリエイティブなものをいくつか紹介しましょう。
まずはイラストレーターです。
こちらはその名の通り、イラストをクライアントに提供することで金銭を得る仕事で、在宅ワークの中でもかなり在宅である意味がある仕事となっています。
在宅ワークというのは自分で仕事を取ってくる必要がどうしてもあるのですが、イラストレーターはその中でもかなり仕事を貰うのが大変な職業で、固定のクライアントがつくまでとても大変でしょうが、自分のイラストがどこかに使われているのを見ると、とてもポテンシャルが上がります。
次に紹介する在宅ワークがプログラマーで、こちらはわりと会社に所属していることが多いのですが、会社に数年務めた後に仕事を自分で取れるようになって自立するという人が多いようです。
こちらもいかに仕事を取ってこれるかということが重要なのですが、イラストレーターと比べると需要がとても高いので、わりと仕事は取りやすいでしょう。
こちらの問題はずっとPC画面を見ながらキーボードを打っていくだけなので、人と接することがほとんどなくなってしまうのです。
会社勤めなら周りに人がいるのですが、在宅になってしまうとどうしても仕事中に寂しさが出てきます。
これを和らげるためにたまにはクライアントを誘って食事などをすると、コミュニケーションも図れて一石二鳥です。
最後に紹介する在宅ワークはちょっと変わり種でプロモデラーです。
こちらはプラモデルを制作しながら、それを売ったり、クライアントに提供したりしながら生計を立てるというものです。
こちらは基本的に個人での需要しかないので、売れる場所というのが限られています。
何か雑誌などに定期的に載せてもらえるとかがあれば一番いいのですが、ほとんどの場合はオークションなどで売るということになります。
上級者向けの在宅ワークになりますが自分でサイトを開設して制作代行を請け負うという手段もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ