在宅ワークは気が向いたらやりましょう

在宅ワークは文字通り家でやれる仕事のことをいいますが、これがなかなか家だと仕事がはかどらないことも多いんですよね。ほら、家っていうのは自分のパーソナルスペースみたいなもんじゃないですか。ここは俺のテリトリーだ、近寄る奴は許さない的な雰囲気になりません?どうしても気が緩んじゃうんですよね。

だから在宅ワークで働けるか働けないかは性格によるところが大きいと思いますよ。なのでどうして私はこんなにも家で仕事ができないんだろうと気に病む必要性は皆無です。だって人間には得手不得手があるんですからね。得手不得手の意味がわからない?それは少し勉強不足ですね。まあこれは得意不得意みたいなもんですよ。つまり、人には個性があってその個性を活かす仕事があるように、活かせない仕事も当然あるということをお伝えしたいのです。

日本人は特に頑張って疲れて果てて損する性格の人が多いと言われていますよね。だからこそ、あえて意識的にそんなものだ、自分は在宅ワークという仕事のスタイルに向いていないと開き直ることも大事なんですよといいたいのです。それで不思議と開き直ると変わってくるんですよ。なんで変わるのかは世界的な超常現象みたいに私には理解不能ですが、ない頭を捻って分析すると、振っ切れちゃうことで脳のキャパシティの開放も伴って余裕が生まれるためかなという結論に至りました。あとは、そのことを気にしないで済むので、迷いが晴れたから仕事の効率が上がったのではないかというとある消息筋の意見も出ているほどです。

なので、この記事を読んでもどうしようとイジイジしている人も思い切って、気が向いたら在宅ワークしようという気概でやってみると思いのほかすごい結果に繋がるかもしれませんよ。もちろん、それもまた同じようなカテゴリーの人の中でも得手不得手があるので誰しもが同じような結果にはならないと最後にお伝えしておきます。得手不得手の意味?もういいません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ