在宅ワークで気持ちを切り替えたいときは外出しよう

 在宅ワークと言えば家の中でする仕事というイメージがありますが、その必要はありません。例えば、ずっと家にこもって仕事をしていると段々と煮詰まってきてしまいます。ですから、時々気分転換をしてリフレッシュすると、それからの作業が効率よく進むのです。もしも、アイディアが枯渇してしまったと思ったときも、散歩をしたりしているうちに段々と霧が晴れたように視界が晴れてきて、何もかもはっきりとしてきます。それから家に帰って再び作業をしたら、かなり作業もはかどるようになります。

 また、在宅ワークだからと言って、何も家の中でのみやらなければいけないものではありません。例えばドラマなどで小説家や脚本家がファミレスやファストフード店で執筆をしているという光景を見ることがありますが、パソコンを使う在宅ワーカーも同じことが出来るんです。あんなことをやってみたい、と憧れを持っていた人は沢山いるのではないでしょうか。それにしても、まるで本当に小説家にでもなったような気分になりますね。

 このように、 在宅ワークだからといってずっと家に篭っていなければいけないということはありません。むしろ、事務仕事だと会社で働いている方が外に出ることができずにストレスを感じることが多いものです。ちょっと気分転換に散歩をしに行く、ということが会社勤めの人に出来るはずもありません。そう考えると、在宅ワークというのはなんて自由な働き方だろうかと改めて思います。

 また、在宅ワークは人と接する必要がないので、嫌な上司というものがいません。自分のペースで出来るので、自分よりも出来る同僚に嫉妬したり、出来ない後輩にイライラすることもないのです。始終、ストレスフリーで純粋に仕事に集中することが出来ます。このように、自由度が高くて何にも縛られない働き方というのが、現代の日本では可能なのです。仕事を探しに行く苦労もなく、お金が手に入るというのは本当にありがたいことですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ