在宅ワークでできる仕事はこんなこと

在宅ワークは、今、どんなものがあるのかを解説したいと思います。今、人気のある在宅ワークで、ネットを介さずにもできる在宅ワークは、モーニングコールのアルバイトです。朝の苦手な人がモーニングコールサービスの会社と契約すると、毎朝必ず起こしてくれる、という夢のようなサービスがあります。働く側にとっても、起こしてもらう人にとっても、嬉しいサービスになるはずです。目覚ましだけでは不安だ、目覚ましだけだと、いつの間にか知らない間に、音を解除してそのまま寝てしまうという人にとってありがたいサービスになるからです。働く側も、会社によっては専用の電話機を与えられるので、貸与された電話で、一件ずつ電話をかけていくというサービスなので、小さい子供がいて外に働きに出られない人にとっても嬉しいアルバイトになることでしょう。
業界の傾向としては、できれば声質がきれいな人が良い、ということで、声の質に自信のある方は応募してみてはいかがでしょうか。

ネットを使う在宅ワークでは、例えば、ネットショップの運営もあります。雑貨を作ることが趣味な人、プロ顔負けのものを作ることができる人や、本当にプロの人も、ネットショップの運営をすることで、収入となり、仕事をすることだってできます。
手作りが得意な人では、ネットオークションで出品して、定期的な収入につなげている人も多いです。

パソコンの入力速度が早く、幅広い見識がある人であれば、テープ起こしの仕事も在宅で完了します。
テープ起こしは、思っている以上に奥が深いので、ある程度、幅広い見識のある人の方が、仕事をするスピードも早まるということがあるからです。

専門的な話題ではない雑談の対談程度であれば、素人の初心者でもできます。
専門的な話題や、専門用語が多く飛び出す研究レベルの講演や鼎談ともなると、声の質の聞き分けや専門用語を正しく聞き取り表記する技術が必要になってくるからです。たとえば、医学要素の強いインタビューであれば、医学辞典を手にしながら、テープ起こしをすることになります。
外国語の得意な人であれば、翻訳テープ起こしも可能になります。医療業界のテープ起こしの場合は、英語ヒアリングライティング能力があることは、織り込み済みとなっているケースも多いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ