通信教育の先生を内職在宅ワークでやってみませんか

今はどれくらいの人がやっているのかと思う物に通信教育というのがある。例えば進研ゼミなんかは、その代表格だろう。私も一時期やっていた記憶がある。あれの面白いのは自分が書いたテストを赤ペン先生と呼ばれる、各地の大人達が採点してくれる事だ。

実は、という程のものではないが、あれは内職在宅ワークの一つである。なんらかの試験みたいなのがあって、それに合格した人がなれるのではなかったかと思う。難易度はどの程度なのだろうか、やった事が無いので分からないが、小中学校の先生と同程度なら問題は無いのだろう。

1枚こなして幾ら貰えるのかとかは興味深いですね。500円くらいでしょうか。単にマルとバツを書いて何点でしたとやるのなら簡単ですが、あれはコメントが沢山書いてあるんですね。全部合わせたらどれくらいになるでしょうか。400文字くらいはあったかも知れません。適当に書くのではなく、それなりに考えなければいけないから、そこは難しそうです。

ある程度の知識が必要なので、数ある内職在宅ワークでも高い報酬を得られそうです。定年退職で学校の先生を辞めざるを得なくなった人なんかも大勢いるかも知れませんね。学校で得た知識を活かすには学習塾のバイトなどがよさそうですが、これはその場所まで行かないといけないので、そこは大変です。

あのテスト用紙には生徒がメッセージを書く欄があって、それを読むのが楽しみだという人が少なくないそうです。私が生徒だった時は面倒くさい気持ちが勝ってしまって何も書かない事が多かったですが、今考えてみたらもったいない事をしてしまいました。先生側としても、あそこに何か書いてある方が返事がしやすいのです。

内職在宅ワークだから大変そうなイメージがありますが、そういう面に注目すると途端に楽しく感じられるはずです。面白い事を書く子供だなぁと笑顔になる事でしょう。小学生向けのものなら比較的難易度も低いので、やりやすいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ