SOHO以外でも稼ぐ方法がある昨今の在宅ワーク

家にいながら仕事ができたら最高ですよね。パーソナルスペースとして最高のもので誰にも邪魔されずに仕事ができるわけですから、人間関係がストレスに感じるタイプの人にはとても魅力的なものであるでしょう。反対にチェックされることがないわけですから、サボタージュしてしまい勝ちの自制の効かないタイプの人には向いているとは言い難いです。

さて、そんな在宅ワークですが、今はSOHO以外にも働けるとあって注目されています。クラウドソーシング型の仕事を提供するものが話題となっていますね。こういったタイプは玉石混交で、本物のプロから一般人である素人が入り混じって仕事をしているので、なかなか面白い光景であるといえるのではないでしょうか。

もちろん、プロとアマチュアが織り交ざっているので、仕事を発注する方も頭を悩ませることが少なくないようです。主に単価の問題があるといえるでしょう。単価は、プロに対して高く出すのが筋であるといわれていますが、アマチュアに対して低くしても良いというものではありません。

どうも安く買い叩いてやろうと勘違いしているクライアント、いわゆる仕事を出す側の人たちが少なくないようですが、まずご自身がそのような単価で仕事を請け負えるのか考えてみれば分かることです。しかし現状は改善されていませんが、誰もそのような仕事をやっていないので、時期にはっきりすることでしょう。

仕事を受けるアマチュアの人もお金を稼ぐことを目的に参加しているのですから、あまりに安い単価の仕事はさすがにスルーする傾向にあるようです。しっかりと在宅ワークとして取り組んでいる人が多い以上、もう少しこの辺を煮詰めていくのがクラウドソーシングの当面の課題であるといえるでしょう。

このように在宅ワークは新しい時代を予感させつつも、まだ出始めて間もないために改善点も多々あるように見受けられます。しかしながら、改善していけばひとつの仕事の形として当然の存在になる可能性を秘めており期待せずにはいられません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ