仕事に集中する環境作りが大切な在宅ワーク

在宅ワークで大切なことは、仕事に集中する環境作りです。企業に所属している場合は、身支度を整えて会社に出勤するということで、プライベートと仕事を分けて考えられるため、頭の切り替えを上手に行うことができます。しかし、在宅ワークは普段自分が過ごしている環境での仕事になるので、企業に所属する働き方に比べると、頭の切り替えが上手にできない場合があります。頭の切り替えが上手にできないことは、仕事の質や量に影響する問題なので、仕事に集中する環境作りを考えることは、自宅で仕事をする場合にとても重要です。

仕事に集中する環境作りとして、まずは仕事をする部屋と生活をする部屋を作ることです。仕事をする部屋には、道具や資料、机など、仕事をする上で必要な物だけを置くようにします。自分の趣味や好きな物を置いてしまうと、仕事をする部屋という認識が薄れてしまいます。ですから、仕事をするためだけの部屋という環境作りを行うことによって、良い仕事ができるようになります。

部屋が1つしかない場合は、仕事とプライベートの空間が同じになります。この場合は、仕事をするスペースを作ります。例えば、仕事をするスペースには、テレビや趣味の物を置かないようにします。これだけでも、仕事に対する集中力を高めることが可能です。また、どうしても仕事をする部屋が欲しい場合は、他の物件を契約する方法があります。安い賃貸物件でも良いので、自宅とは別の物件があれば、仕事とプライベートは完全に分けることができます。

賃貸物件は、非常に高い家賃の物件がある一方で、非常に安い料金の物件が存在しています。仕事をするだけの部屋だと割り切れば、非常に安い賃貸物件は魅力的です。ただし、自宅からの距離を考えて選ぶことが大切です。距離が離れていると、車を使用する場合は燃料費、バスや電車を利用する時は交通費が必要になります。ですから、自宅から徒歩や自転車ですぐに到着可能な場所にある賃貸物件を選ぶことで、在宅ワークに集中可能な環境を作ることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ