小説を書きつつライターとして安定した収入を得る

某お笑い芸人が小説を書いて、それが有名な賞に選ばれたのだそうだ。この事に関して様々な意見が飛び交っている様だが、頑張れば自分も同じ様になれるのではないかという期待を持たせてくれたという意味では良かったのではないかと思う。

そんな訳で、在宅ワークで小説を書いてみるのも良さそうだと思っている。自宅で紙とペンさえあればできる訳で、これほど手間のかからない仕事も存在しない。まぁ今はパソコンを使って書く人が多いから紙もペンも必要ではないかもしれないが。

儲かるかどうかはその人次第としか言いようが無い。最初から書籍化されるというのは、この頃はあまりないのではないかと思う。まずはネットだけでデータとして販売するという形式をとり、その後に売れ行きが良ければ本にするという感じではないだろうか。

もし、小説が上手く行かない場合に備えて、普通のライターをしておくのもいいだろう。世の中にはありとあらゆる出版物が存在しているが、そこに書かれている文章は当然ながら全て人が入力して作っている。その中のどれかをあなたが書いてみるという訳である。

人に読んでもらうためには、ある程度のコツが分かっていなければいけない。小説家を志している様な人なら、それくらい朝飯前だろう。小説だけならギャンブル性が高い在宅ワークをしているだけに過ぎないが、ライターの仕事を同時に行う事によって収入的にも随分と安定するはずだ。

コツは色々とあるのだが、やはり幅広い知識があると好ましいのは言うまでもない。その都度、知らない事柄を調べると時間が掛かってしまう。深く無くてもいい、広くて浅い知識をいかに多く貯めこんでおくかがライター業を成功させるためには欠かせないと言えるだろう。

在宅ワークがこれから増えて行くのは間違いないが、早い内に業界に溶け込んでいた方が色々と得だと思う。コネクションを築くという意味でもそうだろう。仲のいい人達から仕事を優先してもらえる可能性が高くなるからだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ