写真などを使ったアフィリエイト広告

アフィリエイトの基本は、売りたい商品の事を徹底的に研究して、その商品をお客さんにアピールするという文章が書けるかどうかです。

場合によっては、自分でその商品を購入して自分で体験して、その体験レポートを元にサイトを構築していくという考え方が有効です。自分で実際に使った写真を大量に掲載していれば、お客さんもそれを見て納得してくれると思うのです。

その商品を検索してくるお客さんのほとんどは、商品の中身がどのようなものなのか知りたいと思っているはずなので、その商品の良い点をどんどんアピールするのです。そうすることによって、アフィリエイト広告をクリックしてくれる可能性が高まります。

ある程度説明すると、後は商品メーカーのページに飛んでもらうので、全てを説明する必要はないのです。しかし説明がとても少ない状態であると、別のサイトに移動ししまう可能性が高まります。

なので程良い疑問点を解消する程度の情報量を提供し、最終的な判断をするのはメーカーのホームページに移動してもなってから決めてもらうという誘導の仕方が有効だといえます。

アフィリエイトで収入を得る人のほとんどは、消費に対して徹底的に情報を集めて、購入するお客さんの層をイメージしながら文章をライティングしていると思われます。

なので、ホームページに来てくれる人の年齢やある程度の職業なども想定しているので、その人がぴったりはまれば、アフィリエイト広告をクリックして移動してくれる可能性は非常に高まるはずです。

そんな感じで、どのようなお客さんが来るかによって、ページの内容を変えるという考え方が必要です。特に高齢者などになると見やすい文字を意識するとか、難しい言い回しを使わないなどの考え方も必要になってくるのです。

そして、重要なのが写真の使い方です。やはり言葉だけで説明するよりも、写真が混じっていると説得力はかなり高まるのです。そのあたりのノウハウを至徳してから取り組むと収入は得られやすくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ