作業がバリバリ進んじゃうおやつとは

今回は趣向を変えまして、在宅ワークがバリバリと進んでしまう「おやつ」について考えてみたいと思います。
ひと口で食べられるおやつですが、おやつとひと口に言っても、侮るなかれ。おやつがあるから在宅ワークの効率が良くなるというのは本当です。

「手がべとつかないことが重要」
まずバリバリということで、煎餅系は欠かせないおやつです。パソコンや手先を使う在宅ワークだと、手がベトベトしてしまっては、仕事に支障が出ることがあります。
だから醤油や油でベタベタしているような、煎餅やおかきやポテトチップス、スナック菓子は向いていません。
一々手を洗いにいくのも、時間の無駄になります。
できれば柿の種のように、サラッとした手触りでべとつかない煎餅にするとよいでしょう。
掴んだ手のまま、キーボードやマウスや商品に触れても、油が付かない、べとつかないことは重要です。

「飲み物がないと進まない」
そして在宅ワークには、飲み物は欠かせません。飲み物があることで、在宅ワークの効率が5%は向上してきます。
飲むのは最も飲みやすい、そして太らないというキーワードも重要になるでしょう。
コーヒー、紅茶、緑茶。こうしたお茶系飲料は、インスタントのものを必ず数種類揃えておくべきでしょう。
数時間に一度のティータイムは、毎回違ったお茶を楽しむことで、作業効率が上がります。
太ることを気にしないためにも、できるだけ低糖か無糖をおすすめします。

「スキっとする飴やガム」
眠気覚ましのためにも、少しハッカやクールミントが効いたものが欲しくなります。するとやはりガムと飴は必需品となります。在宅ワークは眠気との勝負ということもありますので、こうした種類のガムと飴の必要性は認識されるでしょう。

「おわりに」
在宅ワーク中に、ちょっと小腹がすいてしまったという時には、意外と悩んでしまうものなのです。
ですが、予め飲食するものを決めておくことで、在宅ワークに支障が出ないようにすることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ