大手企業のページと比較して考える

より利益率が高いと言われるのが、クレジットカードを案内するアフィリエイトサイトです。ある程度の検索エンジンの上位に表示されると爆発的な収入を発生させるのでとても人気があります。

しかし、クレジットカードに関しては、本業としているクレジットカード会社のメインページがあるので、そのページよりも上回る評価の高いサイトを作る必要があります。

なのでかなりハードルが高くなってくるので、そのようなポイントの高いアフィリエイトサイトを作るまでには相当な時間が必要になってくるのです。

なので、そのキーワードで大手のクレジット会社と勝負するのは間違っているので、より小さな複合キーワードで生き残るようにするのです。そうなってくると収入もガクッと減るのですが、元々大手と勝負しようと考えていたこと自体が間違っていると言えます。

そのような部分で、アフィリエイトページを構築していくのはクイズのような部分があるのです。自分の実力でどのあたりに食い込むことができるのかを最初でチェックするようにするのです。

そして、その予想が良い方向に外れたり、全く太刀打ちができない状況になる可能性もあります。なので、サイトを運営するという収入を得るという方法はリスクがつきまとうので、その部分を考慮に入れてサイトを構築していくという事になります。

ポイントにしたいのは、予想したアフィリエイトサイトよりも、人気が得られなかったときの対処法です。そのまま処分してしまうという考え方もあるのですが、長期的にアフィリエイトタグを掲載しておけばほんの少しですが利益が発生する可能性が残っています。

そのあたりを考慮して次に何をするのか考えていく事が大事です。どうしても大手の企業がいるようなページで利益を出したいのであれば、更にそのサイトを作り込んでいくという事になります。しかし、時間を賭けだからと言って大手のサイトよりも上回ることは難しい事が多くなってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ