ネット副業として注目されている株取引について

ネット副業には色々なものがありますが、代表的なものの一つとしてネットによる株取引が挙げられると思います。
株取引自体はは何十年も前から副業として行われており、昔は副業といえば不動産か株という時代もありました。ただその当時はあくまでもお金に余裕がある富裕層だけといったイメージがありました。
それがネットの普及によりあまり証券マンなどを通さなくても簡単に個人で行える様になっていき、ネット副業として株取引を行う人口もどんどん増えてきました。一時期は良くも悪くも世間で話題になった株式ファンドなどによるさまざまな事件などが記憶に残っている人も多いと思います。
その事件の是非は別にしても、それにより株がさらに身近なものとなっていき、デイトレイドと呼ばれる短期での株式運用を行う人が増えたり、TVなどでは株主優待の特集などをよく放送していたので、その株主優待&配当などを求めて少しだけ株を購入するという人も増えました。
そんな風に株というものがさらに人々の間で身近になってきましたが、そんな中ここ数年でさらに株取引が注目される事態が起こりました。それがNISAの導入です。
NISAというのは2014年1月から導入された制度なのですが、TVなどでも紹介されていたり、未だにCMなどがバンバン流れている事もあり、ほとんどの人は内容は知らなくても名前くらいは知っていると思います。
実際にどういう制度かといえば、毎年100万円までの非課税投資枠が設けられる制度の事です。税金が免除されるのは専用口座のみなどといったいくつかの決まり事がありますが、この100万円までは非課税というのはかなり大きな事で、これにより一般人が株取引する為のハードルがかなり下がりました。あくまでもネット副業として家計に負担が起きない程度に株の運用を行うのには、まさに最適な制度だと思います。とはいえあくまでも株の運用なので、それ相応のリスクがありそこは気をつけなければなりません。
今後NISAはさらに使い易くなるように改正していくらしいですし、ネット副業においてますますメインになっていくと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ