内職在宅ワークとしてのライティングについて

私は貧しさゆえに、内職在宅ワークとしてライティングを始めてみました。反省点としましては、最初はあまりに一文字あたりの単価の安いものを引き受けていたということでしょうか。一文字0・1円などと言うとんでもない依頼があります。たしかに、この手の依頼は簡単に書けるものが多いです。何でもいいので(日記でもいいので)300文字30円で書くことを求める依頼などです。たしかに、こういうものは簡単に書けてしまうのですが、しかし、やはり5分くらいはかかりますし、この手の依頼を引き受けてしまいますと、ものすごく消耗してしまいます。
たしかに、内職在宅ワークはそれほど儲からないことは避けられませんが、内職在宅ワークであっても、疲れ果てないということは求められましょう。ゆえに、ライティングといたしましては、一文字0・2から0・3円のものしか引き受けてはいけないと思います。よく見てみますと、そのくらいのものしか引き受けられていないことが分かります。
どんなものでも手あたり次第引き受けられているというわけでもないのです。やはり一文字あたりの単価がある程度以上のものでなければ、それほど引き受けてはいません。しかし、恐ろしく安くても、引き受け手は多少はいるようであり、そういう人がいるので、恐ろしく安い単価の仕事が相変わらず依頼されているのでしょう。
儲かるのは、アダルト系のライティングや、なぜ文字単価が高いのか、今一つよく分かりませんが、SEO対策で急募されているようなものであり、これらだけを引き受けていても、一日千円は稼ぐことはできます。逆にいうと、それ以上をライティングで稼ごうと思うと、かなり大変でしょう。
今まで書いてきたのは、某クラウドサイトを念頭に置いていますが、別の社であれば、要求水準がそこそこ高いものの、それに応えられるのであれば、コンスタントに仕事ができます。毎月10万くらい稼いでいる人もいるようです。しかし、これはかなり擦り減るでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ