LINEスタンプを描いてお金を稼ぐ在宅ワーク

以前はイラストレーターになることは狭き門でしたが、インターネット時代の今は、誰でもイラストで稼げる時代です。
ネット上にはイラストをダウンロード販売できるサイトがいくつもありますが、中でも注目はLINEスタンプです。

LINEスタンプにイラストを出品して、年間で1000万円以上を稼いでいる人も、多数いるというから驚きです。
しかし誰でも参加できることは事実ですが、それなりにイラストのクオリティが高くなければ、認められません。
絵に昔から自信があったという人や、オリジナルのイラストを描けるという人は、チャレンジしてみる価値はあります。

LINEスタンプのイラストを描くには、フォトショップやイラストレーターなど、高額な描画ツールを使えば高度なイラストを描けます。
無料のイラスト作成ツールを使っても、LINEスタンプの作成に利用できます。
スマホを使ってイラストを描いて、LINEスタンプに投稿するという方法もあり、自由度が高いです。
スタンプの売り上げのうち50%は、イラストを描いているクリエイターの人に分配される仕組みになっています。

登録するには、まずLINEに登録していなければいけません。
LINEは人とコミュニケーションを取り、仕事にも利用することができるツールです。
LINEを使って楽しんでも良いのですが、今回はイラストを投稿することが目的です。
そのLINEに登録した情報を元にして、つぎは「LINEクリエイターズマーケット」に登録します。

まずは、クリエイターとしての情報を登録します。
そうしたら今度はLINEスタンプに登録するイラストの投稿を行います。
画像は42個を製作していく必要があり、それなりに時間をかけなければいけません。
時間をかけて最も良質なスタンプを作った人が、より多くのダウンロード販売での売り上げを得られます。
だから時間をかけて作ることに、億劫になってはいけません。

スタンプは登録しても、それで販売が始められるわけではありません。
LINEで認められる基準を満たしていなければ、販売が開始されないのです。
審査が通って始めて販売が開始されます。
LINEスタンプの販売は、LINE STOREにて行われるようになり、一個あたり120円で販売されます。
イラストを描く在宅ワークで、バリバリと稼ぎたいという人は、是非LINEスタンプにチャレンジしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ