子持ちの在宅ワークの大変なことについて

在宅ワークは今はとても需要があります。特に女性に多く見られますが、子供が小さくて外に働きに行けなかったり、働きに出れても子供が学校から早く帰ってくるため働ける時間が限られていたり、など、自分の思っている仕事に就けない事情を持った人がたくさんいます。

そんな人にとって、在宅ワークは自分の自宅で好きな時にできるので、とてもありがたい仕事です。
また最近はネットでの在宅ワークも増えてきており、お小遣いサイトのような簡単なものからクラウドソーシングなど本格的な仕事など、多岐にわたります。そのためパソコンさえあれば簡単に在宅ワークできる環境になっています。

そんな在宅ワークをする人にとって大変なことと言えば、それは休日や長期休みの時の子供と一緒の時の仕事についてです。基本的に子供が学校に行ったり、幼稚園に行ったりしている間に在宅ワークをしている人が多くいますが、夏休みや冬休み、また土日は子供たちが家にいます。
ある程度年齢が大きい子供であれば、親の事情もわかってくれて在宅ワークもできるかもしれません。
しかし幼稚園や小学校低学年の子供にそれを理解してもらうのは正直難しいです。
そのため、子供が家にいるときに在宅ワークをするというのはとても難しいです。

筆者も在宅ワークをしている一人ですが、土日や長期休暇の時はほとんど仕事ができません。
私は特定の人から仕事を受けておらず、クラウドソーシングで好きな時に好きなだけ仕事するスタンスなので、特に支障がありません。あるとすれば、その期間は収入がほとんどないくらいです。
しかし、特定の顧客を持って在宅ワークをしている人であれば、仕事内容に対して納期がある場合がほとんどです。通常の時は問題なく納期までに仕事を完了できたとしても、子供が一緒にいる生活で納期を守るのはとても大変な事です。また子供が病気になった時も仕事ができる環境ではないため、在宅ワークをする人にとっては大変です。

在宅ワークの仕事は家の事と両立しながらのため大変なこともつきものですが、それでも需要は年々高まっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ