気軽に始めた在宅ワークは後悔のあとに満足

誰でも気軽に在宅ワークに取り組める昨今、その例に漏れずチャレンジしてみたのですが、これが苦労しました。なんせ全然効率よく稼げないからです。初めは時給に換算するとせいぜい300円くらいでした。しかも良くてです。悪いと200円を下回っていましたね。こんなに苦労して仕事をしているのに、これしか貯まらないのかよと、絶望の淵に飲み込まれかけたことが何回もありました。

そもそも在宅ワークが手軽にできるようになったのは諸手を上げて賛成したのですが、なかなか効率よく稼げる案件がないんですよね。クラウドソーシングで働いているので、良い案件が無ければ渋々、よく分からない案件でしかも単価が低い仕事をやるはめになっていたのですが、これが苦労して記事を書いて800文字30円程度といったところですよ。800文字のこの仕事を1時間に3記事ほど仕上げてみました。そうするとなんと90円です。

どういうことですか。90円じゃ缶ジュース1本も購入することがままなりません。在宅ワークも簡単にできるといっても稼ぐことは簡単じゃないんだなと思った瞬間でもありました。

そんなこんなで全然稼げない日々が続いていたのですが、だんだんと色々と視野が広がったのか分かったことがありました。まず、必死に安い単価の仕事をやる必要はないということです。もっとどっしりと気軽に構えて、質の良い仕事を見つけることを重視するようになり、結果は変わってきました。時間がかかるのに儲からない案件をやっているうちに高単価の素敵な案件が既に提案一杯となっていて損するケースが非常に多かったのです。または儲からない仕事で精も根も尽き果てる状態を迎えて、いざというタイミングで手が動かないといった事態もありました。この点を改善できたのは大きかったですね。

加えて、タッチタイピングを繰り返していくうちに高速入力が可能になってきたことです。さすがに倍とまではいきませんが、2割増しといったところで、さきほどの見極め能力と合わせて収入が始めた当初の5割増しくらいになってきました。

今日も稼ぐぞ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ