会社員の副業に関する注意点

最近は副業が珍しくない時代になっています。それは長く続いた不景気の影響もあるし、企業自体の賃金が下がったり様々な事情があります。そんな中、会社員でも副業する人が増えてきています。会社員の副業と言えば禁止されている会社も多くあります。代表的な職種では公務員は絶対に副業を禁止しています。それではなぜ副業を禁止している会社が多くあるのかとくと、理由は単純です。副業することによって本来の業務に支障が出ては困るからです。副業によってさらに個人の労働時間が長引けば、おのずとどこかしらにしわ寄せが出てきます。それが本来の業務で失態になっては困るという企業や会社の思いがあるため、副業を禁止せざるを得ないというわけです。この理由には納得できる面もありますが、生活のために副業をしなければならない人もいるのが現状です。副業と一言でいっても様々あり、外で働く肉体労働系の仕事からネットビジネス等があります。どんな仕事でも副業と捉えられますが、会社で禁止されている場合は注意が必要です。副業が禁止されていると知りながら副業している場合は最悪減給や解雇処分も視野に入れなければなりません。そういった事を考慮し、最終的には自己責任で副業をする必要があります。それでは会社員が副業する際の注意点について見ていきます。まず副業で稼ぐ金額ですが、これは会社員の場合年収が20万円を超えると確定申告の必要があります。つまり税金を支払う対象になるという事です。ちなみに専業主婦のように無職の人の場合は年間の収入が38万円を超えると確定申告の対象になります。この金額の違いを覚えておく必要があります。厳密に言うと、会社員の場合副業で年間得た収入から必要経費を引いた金額が20万円を超えると確定申告の対象になります。この必要経費と言うのがポイントで、例えば家で仕事をしているなら電気代や必要な器具代等がこれに含まれます。何が必要経費の対象になるかは事前にチェックしておく必要があります。そのうえで副業をすることをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ