字が綺麗な人は、ぜひ代筆の在宅ワークを試そう

過去に書道をやっていた、あるいは毛筆に自信があるという人におすすめな在宅ワークに「代筆」があります。冠婚葬祭時の宛名書きや、イベントで使用するノベルティに毛筆で社名を書くといった目的で企業が募集している場合もありますが、中には個人が募集をしている場合もあります。字の綺麗さ、というのは今、意外に需要のあるスキルです。ボールペン字や毛筆講座などが人気なのは、社会に出てから字の綺麗さが重要だと気付いた人が多いからに他なりません。しかし、字の綺麗さというのは、すぐに身につくスキルではないのです。何度も何度も練習を重ね、たとえボールペンで綺麗な字が書けるようになったとしても、ボールペンを筆に持ち替えると、同じように綺麗な字が書けることは稀です。ですから、毛筆が上手いというのは、十分需要のあるスキルであると同時に、手軽に稼げる手段であるとも言えます。代筆の募集を頻繁に行なっているのは、クラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトでは、在宅ワークの定番であるデータ入力やライティング業務の他に、「え?こんな仕事があるの?」というような求人も多く掲載されています。このような求人は、これまではよく新聞の求人欄に掲載されていたのですが、新聞をとる家庭が減ったこともあり、クラウドソーシングのようなサイトがよく利用されるようになってきました。サイト内で代筆の求人を見かけ、依頼概要を確認して自分にも出来そうだと思ったら、すぐにクライアントへの提案を行ないましょう。代筆業務がメインである以上、実際にどのような字が書けるのか、その字の綺麗さを確認するために、ほとんどの場合で画像の提出が求められます。この時気をつけなければならないのが、掛け軸に書いた達筆すぎる字などを画像にして送るのではなく、あくまでクライアントの目的に見合った字が分かる画像を送る、という事。毛筆での宛名書きを依頼したいのに、隷書の作品を送ってもしょうがないですからね。代筆の求人はさほど多くありませんが、報酬は高価であることが多いため、いざという時に備え、綺麗な字を書けるようにしておくと在宅ワークに利用できるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ