今では自宅で稼ぐ仕事も多種多様になった

 昔は自宅で稼ぐ仕事と言ったら、いわゆる内職と呼ばれるような軽作業がほとんどではなかったでしょうか。どこかの企業のハガキや郵便物の宛て名書きをする仕事だったり、小物などの商品を袋詰めする仕事だったりと、1個1円にもならないような作業も多くありました。

 それらの内職はもちろん今でもあって、小さい子どもがいる家庭や、何かの事情で外で働くことができない人にとってはとても魅力的な仕事と言えるでしょう。しかし時代は進んで自宅で稼ぐ仕事も増えて、内職や副業としての扱いどころか、普通のサラリーマンより稼いでる人もたくさんいるのではないでしょうか。なんと言ってもインターネットの発達が稼ぎ方の多様性を生んでいて、自宅にいながらお金を稼ぐことの役割に大きく貢献しているとも言えます。

 例えば最近流行っているアフィリエイトサイトなどは良い例で、基本的なホームページの作り方さえわかれば、あとは文章力の勝負になってきます。うまく商品の説明をして、一人でも多くの閲覧者を誘導して商品を購入してもらえれば、不労所得のような何もせずに稼ぎを生み出す夢のようなシステムになっています。またインターネットを使って家でできる仕事と言えば、自分の趣味を生かした手作りの商品を、ネットオークションやサイトを使って販売するという方法があります。趣味とは言えないようなプロ顔負けのアクセサリーや小物、アレンジした衣類などを販売してお金を稼いでいる人もいますし、絵を描くのが得意な人はデッサンや同人誌などを製作して販売している人もいます。

 セドリと呼ばれる転売も今までは古本だけがメインでしたが、現在では古本に限らず、トレーディングカード類やゲームソフト、CDなど多岐に渡って広がっています。そして誰でもできる家でできる仕事として、アンケートサイトも人気が高まっているでしょう。単価は非常に安いですが、簡単なアンケートに答えるだけでお金が貰えて、もはや仕事と呼べるのかわからない程の手軽さです。パソコンや携帯ひとつでお金を稼ぐことが出来るようになり、今後はさらに自宅で稼ぐ仕事の幅も広がってきそうです。”

サブコンテンツ

このページの先頭へ