家でできる仕事にはコールセンターなどもある

家でできる仕事があったら、もちろんそれを選びたいという立場の方もいらっしゃいますよね。特にお子さんのいる主婦の方などは、子供に関することで突然の呼び出しが多くて、会社に所属するのをためらったりしてしまうという悩みを抱える方が多くみられます。でも家でできる仕事なんて、そうそう見つかるものではないと思いがちですが、昨今はインターネットが急速に発展したことで、インターネット経由で家でできる仕事を請け負うことができるようになってきましたね。たびたびニュースなどでも新しい働き方として注目されるようになってきています。利点はやっぱり時間の自由でしょうか。ある程度、自分で調整できます。さらに、これもたくさんの方が言われていますが、通勤時間を短縮できるというのも、かなり利点のようです。時間と労力をかなり削減できるんですよね。最近、目にしたニュースはコールセンターのスタッフを、自宅勤務で雇うというものです。どういうことかというと、雇われたスタッフは自己申告制でその日の勤務時間を決め、その時間にコールセンターの回線がつながり、問い合わせのお客様から自宅に電話がかかってくるのだそうです。利点は毎日自分で稼働の時間帯を決められるということ、隙間時間も使えるということなどでしょうか。ちょっと不安な点としてデメリットを上げるとすれば、コールセンターの問い合わせには専門的な知識も必要で、わからないことがあった場合、すぐにその場でわかるスタッフに聞けないということ、自己責任で対応しなければならないという点でしょうか。もちろん、回線を詳しいスタッフにつないで対応を代わってもらう処置など対策がとられていると思いますが、電話対応は声だけなので難しく、問い合わせ内容にはクレームも含まれると思うので、そこは考慮に入れておきたいところです。また、ペットなどがいない静かな環境が必要なのだそうです。研修やテストなど、対応力を身につけるための様々な課題があるそうで、大変ですが、一度身につけられれば自宅でできるのでありがたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ