人々のネット副業の関心度について

今や副業と聞くと、肉体的労働をして副業をする人はもちろんいますが、それ以上にネット副業が人気の時代になりました。ネット副業の利点としては、PCがあれば簡単に作業ができ、また周囲に副業をしていることがバレにくい点にもあります。ある調査結果によると、ネット副業に興味関心がある人が70パーセントを超えていました。また別の調査では、ネット副業をしている人に月にいくら稼ぐか聞いたところ、平均して月に4万円の収入があるという回答がありました。上記の結果からして、まず人々はネット副業に非常に高い興味と関心があり、実際にやってみたいと思っていることが分かります。また月に4万円の収入というのは魅力的な金額です。今や不景気やいろんな事情から賃金が下がることもあり、そういった人にとっては月に4万円で生活費の補てんをしたり、貯金をしたり、と自由に使う事ができるお金ができることはありがたいことです。可能ならノーリスクでネット副業をすることが一番ですが、種類によってはリスクを伴うこともあるのでその点は注意が必要です。それではこのように人々の関心が高いネット副業ですが、実際に副業をして稼いでいるのは20パーセントほどと言われています。興味関心がある人は過半数以上いたにもかかわらず、実際に行動を起こすとなると5人に1人の割合の数字まで下がります。これにはいくつか理由がありますが、一番大きな理由としては、本職の会社や企業で副業禁止の規定があるケースが多いです。多くの会社や企業では就業規則が存在し、その内容の中に副業禁止を盛り込む会社や企業が多くあります。これは副業をすることによって本職に支障をきたすと困る、という意味合いが含まれており、発覚するとトラブルのもとになります。そのためネット副業に興味関心はありつつも、実際に行動に起こせない人が多くいます。また肉体労働にしろ、ネット副業にしろ、副業と言うのは精神的にも肉体的にも疲れます。そういった点でも副業をするのに躊躇する場合もあるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ