ゲーム内のお金やアイテムを現金にしよう

テレビゲーム市場は若干縮小しているそうですが、それとは別にスマホを使用する事を前提としたオンラインゲームが流行っているそうです。今と昔のゲームの決定的な違いというのはオンラインであるかどうかという事だと思います。要は通信が可能だという事なのです。

ゲーム内ではお金やアイテムのやり取りが可能です。これは他のキャラクターと一緒に行動した方が効率よく進める事ができるからなのですが、装備が貧弱なために同行出来ないということがあります。そんな時でもお金を渡して、強力な武器や防具を買いそろえれば頼りがいのあるパートナーになるという訳です。

しかし、いつの頃からかこの仮想通貨をリアルの世界の現金で売買するというビジネスが誕生したのです。例えば今、お金が足りないから譲ってくれないか?(本物の)1万円を支払うからという訳です。現在ではこれらの行為が在宅ワークとして位置づけられています。

こうなったのは、やはりかつてのTVゲームの流行が大きく関係しています。流行ったのは今から20から30年前ですから、今現在は30代後半から40代くらいになっている訳ですね。これくらいの年齢になれば経済的にも余裕があるという人が増えますから、ゲームを楽しむために惜しみなくお金を投じる事が出来るという訳です。

在宅ワークというと、いかにも仕事らしい物をイメージしがちですが、遊んでいるだけでお金になるのは盲点と言えるでしょう。ただ、純粋な意味で楽しむというよりも、(ゲーム内の)お金を貯めるなどの作業を中心に行わなければいけないので、普通にプレイするよりもつまらなくなるかも知れないですね。

普通に働く事が苦手だという人でもオンラインのゲームだけはできる人がいます。そういう人には最適の在宅ワークだと言えるでしょう。強いモンスターをやっつけてお金を貯め、レアなアイテムをどんどん集めましょう。そしてそれを実社会で使えるお金にかえるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ